歴史

西嶋手漉和紙の発祥は1571年、戦国時代にさかのぼる。

望月清兵衛という武士が国主・武田信玄の任により和紙製法の修業を積み、
ふるさと西島にその製法を持ち帰ったことから始まる。

望月清兵衛は西島村民だけでなく富士川流域にすむ人々にその製法を教えひろめた。

三椏(ミツマタ)主原料にした光沢のあるつややかな紙を手にした武田信玄は
大変喜び自らこの紙を”西未”と命名し武田菱に西未の文字を刻んだ朱印を清兵衛に預け紙役人に任命した。

江戸時代では富士川流域では盛んに西未の紙が作られ、記録用紙などの実用氏として幅広く使われていた。

時代が移り行く中、加工や道具を工夫しながら手漉きにこだわり続けた西嶋手漉和紙は
第二次大戦後、それまでの半紙に代わり、画仙紙を完成させた。
全国に先駆け作成された西嶋和紙の画仙紙は爆発的に広まった。

特徴

西嶋手漉和紙の特徴は、長い伝統と様々な技術・素材改善等の努力により生み出された、
独特の「墨色の発色」「にじみ具合」「筆ざわり」などにある。

それらには西嶋手漉和紙独特の製法が関係する。

多くの和紙産地では、原料にという楮(コウゾ)植物の繊維を使用してるが、
西嶋手漉和紙は主原料に三椏(ミツマタ)が多く含んでいる故紙(三椏紙)と稲ワラを使用している。

一度漉いている故紙を使うことで繊維の中の不純物や脂気などの多く除かれ
独特の滲みと墨色を深く発色する西嶋手漉和紙が生み出されます。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る