花押の臨書

花押とは何か?? 臨書とは何か??

お知らせ

花押の臨書へご参加いただいた先着50名様には筆ペンと西嶋手漉き和紙A4サイズを差し上げます。

また先着5名様に講師のウィリアム・リードがオリジナル花押をお創りいたします

※どちらも先着順になりますので、ご希望の方はお早めに会場へお越しください。

講師

william Reed

ウィリアムリード先生

山梨学院大学国際リベラルアーツ学部で教授をしているウィリアムリード先生は、書道10段(師範)の腕前の持ち主。

合気道も8段の腕前を持ち、国外の人々だけではなく、日本人にも日本の魅力や文化を改めて指南してくれる「師」のような存在である。

そんな彼のセミナーや講演はライブ感があり、人々を夢中にさせる。

ぜひこの機会に彼のライブ感溢れる指導を受けてみて欲しい。

臨書とは

”手本を見ながら書く”

というのが臨書である。手本は基本的に古典作品を示すが、臨書には形臨・意臨・背臨の三種類がある。

字の形を真似することに重点をき、手本に忠実な字形や用筆法を模倣して書く。

手本を描いた作書の意図や気持ちを汲み取る事を目的とする。作品が生まれた時代背景や作者の来歴なども考慮し、作者の精神まで模倣し書く。

手本の書風を自分のものとして取り組んでいくことを目的とする。お手本を記憶し、手本を見ないで記憶通りに書く。(暗書と呼ばれることもある)

今回行う花押の臨書は”意臨”です。時代背景などや作者の気持ちを汲み取り作品を書いていきます。

花押とは

”花美しく署名する”

花押は、署名の代わりに使用される記号・符号であり、日本の伝統的なサインである。

今回臨書する武田家三代の花押は、武田流花押のルールに基づいて作られている。

現在でも内閣では署名を花押で行なっている。

一般人でもパスポートの署名は本人の自筆であれば使用可能となっている。

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る